無料で活用!ドイツ語まとめ

無料で活用!ドイツ語まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ語の世界へようこそ - ハジメニ

002.jpg

ドイツ語ならではの特徴

特徴1:文の中で「動詞」が決定的に重要な役割を果たす
ドイツ語の動詞は主語の人称に合わせて形が変わる。

英語では「give」という動詞を聞いただけでは主語が何なのかわかりませんが、ドイツ語では「gebe」は「ich(私)」が主語の時だけに使われる形なので、主語を省略しても、聞き手には誰がしたことか分かります。

特徴2:「動詞の枠」構造がある
ドイツ語では、名詞の前についている冠詞が形を変えて首都目的語の区別を可能にするので、語順を入れ替えても主語を間違える事はない。

その為、ドイツ語は英語に比べると語順は格段に自由。

けれども、「語順に関する大原則」と云うものが存在する。
それは「動詞は文の二番目の位置に来て、その動詞と最も結びつきの深い要素が文末に来る」と云う規則。このぶんの構造を「動詞の枠」と呼ぶ。

ドイツ語の特徴
特徴1:文の中で「動詞」が決定的に重要な役割を果たす
特徴2:「動詞の枠」構造がある

Search
AD
INFO





Access


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。